スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ネクザ講習会

今回は、23日(金)にタンヨで開催されたガンダムウォーネグザの講習会について、感想とうとう書いていこうと思います。

講習内容は、青緑VS赤黒を3ターンまでセオリーどうりにすすめて後はお好きにどうぞ、という形で、なんでここでコイツをプレイする必要あるの?と思う点は山ほどあったが、掴みのやり方を覚えるにはなかなかよかったです。

ネグザになってからGをロールするシステムに変更されてかなりトリッキーな動きがしづらくなったが、感覚としては前のガンダムウォーと変わらない感じです。

追加されたルールもなかなか使いやすいものばかりでした。
一番に注目したいのは、グラフィックGをロールして使うガードシステムです。
これは、非抗戦の部隊の戦闘力を-1できるのと、抗戦中の自軍部隊の戦闘力を+1できるシステムです。
このシステムを使えば、少し弱く感じるユニットでも、相打ちぐらいには持ち込めるということです。

この他にも使えそうなルールは、ありましたがそこは商品がでてから考えることにします。

講習会に出た人は、わかると思うが、ネグザになってGの配分が難しくなったと思う、サンクルでも手札のユニットをGにしすぎると、手札が枯渇するしキャラをGにしてもスペック不足になり負けてしまう、さらにロールしているGは国力を発生しないようになったから、ゲームスピードはかなり遅くなったと思う、まあ旧カードを使ったウニは絶対にいるだろうが、

まあながながと書いてみたものの詰まるところGの枚数が場に出ていないと何もできないということだ。

いろんなカードゲームをやり過ぎて、枯渇しているガサイでした。

追記
次の人達もネグザ関連で頑張っていって欲しい!
スポンサーサイト
2011-09-25(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

思ったよりテンポは変わらない印象を受けたわ。ネグザ。

ただ、高機動の変更やらなんやらで必然的に交戦するゲームになるなら、破壊とか強襲が旧より重要になるのかな、とかね。

早めにクリスティナ収録してほしいわ。
2011-09-26 00:24 | Y256 | URL   [ 編集 ]

塩じてん
塩じてん 」 Team塩のスラングがまるわかり!
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。