スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

これは恵みの雨。戦いはこれからだ!

モトキングの更新から71時間くらい空けたギリギリの更新。Y256です。
自分のホームページやブログでは頻繁にオーバーランしてますが、ここでそれやるとペナルティつくので意地でも更新。

今回もー近況報告とSSになりますー。

【近況】
「魔法少女まどか☆マギカ」全話視聴しました。
アニメをまじめに全話見たの自体、数年ぶりのような気がします。前に全話見たのが何か思い出せないレベル。「ガンダムSEED」は全話見た記憶がありますね。
脚本が虚淵 玄という方で、この方のブラクラの小説面白かったから見てみようかなと思ったのでした。
そんでもって全話視聴記念にPMのまどマギデッキ1つくらい持っておいてもいいかなと思ったのでした。もちろんさやかとマミさんのな。
…使う機会は少ないでしょうけども。

【SS】
コメで続きはないパターン? と言われたので、続けました(何
 べらんだ

「付き合ってあげてもいいよ」

あたしのよくわからない告白の翌日。
あいつ、断原千佳(たちはらちか)が出した答えはそれ。

お弁当を平らげ、ベランダに出た昼休み。
手すりに肘を乗せ二人で中庭を眺めていた時、千佳はそう言ったのだ。
あたしはきょろきょろと周りを見た後、千佳の横顔に聞き返した。

「それ、どの”付き合う”なの?」

娘さんとお付き合いさせていただいています。ちょっと買い出し行くから付き合ってよ。
この「付き合ってあげてもいいよ」は、アタマに「仕方ないから」が付きそうな感じだった。
千佳の口調はいつもこんな風で、勝手に勘ぐるのもいつものあたし。
中庭に視線を落としたままの千佳の横顔から目を離し、あたしも中庭に視線を戻す。

「麻衣が好きな”付き合う”でいいよ」

千佳はあたしの意味不明な質問にしれっと答えた。
あたしの頭の中をぐるぐる回っている何万の言葉でもってしても、この子には敵わないのだとたまに思う。

考えすぎの末に答えが出せないあたし。そして答えを出さないが故の現状維持のあたし。
そうやって、答えを出すべく考えるという”ポーズ”をとっているだけのあたしのその”ポーズ”そのものが無駄だと諭しているような。そんな感じ。

「じゃあさ。手、繋ごうよ」

あたしは中庭を見たままそう言う。
中庭で練習している男子テニス部員がいた。

「いいけど、今?」
「うん」

あたしは左手で千佳の右手を探し、握る。
ひんやりと冷たい千佳の手はあたしの手を握り返した。

「なんか、幸せ」

あたしは率直にそう言った。
胸がむずかゆかった。胸いっぱい。
例えるなら、別腹でいけるだろうと注文したパフェの白玉が喉にひっかかる感じ。
…ん。それじゃ胸じゃなく喉か。ともかく、胸いっぱい。

千佳は何も言わず鼻歌を歌っている。
知らない曲だった。

「何?その曲」
「今考えた、」
「千佳」

聞きたかったことをつい間違えたあたしは、曲の解説をはじめそうな千佳の言葉を遮る。
自分でぶち壊したくない。

「手を繋いだ…後は?」
「何それ、今更清純気取る気?」

私の上ずった「後」のフレーズに、千佳が私を見たのがわかる。
あたしは「違う。違う」と否定し、口籠る。
強い興味があるわけじゃないが、今の世の中否が応でも一定の知識くらいは身に付く。
そもそも初めて見たエロ本はあんたの部屋のだし。

「あたしたちはどっちも、生物学的に女性だってこと」
「あー。ふーん。あー…」

珍しくどもる千佳。
あたしは中庭を見て黙る。
生物学的に女性。それ以外が違うような言い方になったけど”どっちがそう”なんよ。

「教えてあげてもいいけど。ここじゃマズいかな」

と千佳は思わせぶりに微笑んだ。
この顔もあたしは好きだ。

「今日、麻衣の家行ってもいい?」
「…え、あ」

千佳の言葉に今度はあたしがどもった。
どこまで出来て、どこからが無理なのか、わからない。教科書も、先生も、友達も、教えてくれない。けど、千佳は教えてくれる?
パフェの白玉が喉にひっかかかり、唾をのんだ。

「…うん」

あたしはうつむいて答えた。
そこで千佳が手を離したのがわかった。あたしは慌てて左手を泳がせる。
千佳は手すりから離れると、教室へと続く引き戸を開けた。

「なに赤くなってんの。冗談よ、ジョーダン」

千佳はあたしのスカートを捲ってそう言った。
あたしはムスッとした顔を作り、それでも内心少し安堵して、彼女を振り返った。

「焦ってすることない。世はネット時代、ググれよ乙女」

「話はそれからだ」と言い千佳は教室に入っていった。
そこで始業ベルが鳴る。

あたしは視線を中庭に戻す。
練習中のテニス部員の姿はなくなっていた。

「なにやっとるんだ、根子田。早く教室に入らんか」

教室から5時限目の現代文の先生が顔を出した。


おわり

----


前回のはずいぶん昔にブログに「何でもない日の云々~」というタイトルで載せたものを切った貼ったしたものでした。
ミスリードしてオチは「女の子同士でした」みな単発。

で、単発用の話を無理に続けたので、個人的には違和感しか残らなかった。
一人称とか逆にしたいわ。

と、まぁ。
とりあえず、アタマから2連続で女の子同士の話書くとか気でも狂ってるのかと
よし、次は男同士で行きます(嘘


Team塩のガンダムウォー勢力の代表を自負する私としては、やはりガンダムウォーの話をするべきでしょうか。

ということで、次回はカードゲームの話をします。

Y256
スポンサーサイト
2011-09-20(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

この方向でも別にいいじゃない(・◇・)

書きたいことを書くのが塩ブログだしガンダムウォーを書きたいならそれでもいいしな。
でもなかなかに書くことがないという。でっていう。
2011-09-21 01:29 | ロリー | URL   [ 編集 ]

>Y 

ググれよ乙女…これは流行りそう(笑

あと、書きたいモノを書けばいーんでない?男×男だけは却下だけど。
2011-09-21 20:22 | 長谷川 | URL   [ 編集 ]

 

35時間?制限時間一杯の71時間37分じゃないかww
2011-09-22 22:08 | みしゅ | URL   [ 編集 ]

 

>ロリー
ガンダムウォーはちょうど谷間だから確かに書くことは、ない。
「次回はカードゲームの話をします」ってうギャグ。

>長谷川
男同士却下かぁ…。
いや、書く気はないですけど^^

>Mishra
一日12に時間計算とかバカすぎ失礼。
直してくるわ。
2011-09-22 22:42 | Y256 | URL   [ 編集 ]

塩じてん
塩じてん 」 Team塩のスラングがまるわかり!
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。