スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ACCEL OF NEXT AGE

ACCEL OF NEXT AGEが発売され、収録カードの研究も進んでいるでしょうか。Y256です。

ブログのほうでカード1枚1枚にざっと感想をつけたので、こちらでは勢力ごとに感想を。

あとは、INA発売時と同様に、勢力ごと「効果の種類」別にまとめてみました。こちらはめちゃ長くなるので、時間がある方のみ「続きを読む」からどうぞ。

ではまずは勢力的な感想から。


08小隊が新規参戦ということで多くの枠をそちらに割いたため、青デッキの収穫としては<コア・ファイター>と<ハイテンション>でしょう。他の勢力と比較すると微々たる強化で悲しくなります。
青黒デッキには<グラハム専用ユニオンフラッグカスタム>と<グラハム・スペシャル>が追加されたので、青系統は第1弾はこの路線を取らざるを得ないでしょう。


交戦にめっぽう強い<ノリス・パッカード>が一番の収穫。
加えて<AEUイナクト(デモカラー)>や<キシリア・ザビ><テキサスの攻防>など小回りの利くカードが多く、「INA」のカードを上手くサポートできる体制は確立されつつあります。


「INA」に続きユニットは派手な物が多く、主体にしたデッキを複数組めそうな勢力に。
ユニットの4国力帯の層の薄さは相変わらず。ガブスレイがもっとマイルドなデザインなら…。


苦手だった高機動への回答として<バウ>を得た他、<グレミー・トト><世間知らず><リフレクタービット>と非常に強力なコモン・アンコモンカードが多いののが特徴。
高い耐性効果を持つ<ロニ・ガーベイ>含め、今回一番強化された勢力と言えるだろう。
デュアルカードカードよりも赤単色のカードが強いことから、様々な混色デッキが現れそうで楽しみ。


ロールコストの代替オペレーション<貴婦人修行>と初の大型ユニット<マスターガンダム>で大幅に強化された勢力。
力押しができるようになったのに加えて、相変わらずバウンスや魔性の支配力などでゲームを動かせるので、かなり強い勢力に。


<ラクス・クライン>や<共に戦う仲間>によるダメージ量の補強に加えて、なんと言っても高機動6/6の<フリーダムガンダム>である。
勢力の特色は速攻・高機動となりつつあります。
小回りの利くカードが少なかったのは残念でしたが、「INA」の貯金を以てして確実にメタの一角をキープできるでしょう。


他の6勢力に比べるとカードの枚数も少なく、あまり強化されなかった勢力。
それでも強襲キャラの<ドン・ボヤージ>と<ガンダムAGE-2ノーマル>はなかなかのカード。
「feat.AGE DECK」の<ガンダムAGE-1>3種類と<フリット・アスノ>に「INA」の<ゼダス>でデッキの形を完成させた初代王権を守りきる事ができるのか。

続いて第1弾トータルでの勢力の特色…。


◇表の見方

『勢力(INA+ANA+サイクル外=合計)』
戦闘配備:特殊効果(含PS装甲
速  攻:特殊効果
強  襲:特殊効果
高 機 動:特殊効果
ゲ イ ン:特殊効果
補  強:ドローサーチや場のカードを出す効果(含共有
強  化:コインや一時的修正によるパンプアップ効果
耐  性:効果の対象にならない効果、破壊無効効果
対  抗:カードのプレイやテキストを無効にする効果
除  去:敵軍カードを破壊・除外する効果(含範囲兵器
妨  害:ロールコストや出撃を強要する効果、およびハンデス効果
ダメージ:ダメージを与える効果(含サイコミュ
ロ ー ル:カードをロールする効果
リロール:カードをリロールする効果(含供給
バウンス:カードを手札やハンガーに移す効果
回  復:本国を回復する効果
チ ッ プ:ユニットチップを生産する効果

※赤で表示する項目は、7勢力中で最大値

(28+12+4=44)』
「ガンダム」のホワイトベース隊と「ガンダムUC」第1話、「第08MS小隊」東南アジア地域の連邦軍がモチーフ。
デュアルカードは刹那とグラハム関連のカードを収録。
ゲイン搭載カードが最も多いほか、旧GW同様敵軍効果への耐性とリロール効果が豊富。

戦闘配備:|||||||||
速  攻:||
強  襲:|
高 機 動:|||
ゲ イ ン:||||||||||
補  強:||||||
強  化:||||||||
耐  性:||||||
対  抗:|
除  去:|||
妨  害:||||
ダメージ:||
ロ ー ル:|
リロール:|||||
バウンス:-
回  復:|
チ ッ プ:|||


(22+12+15=49)』
「ガンダム」からシャア少佐のファルメル隊、および「第08MS小隊」ラサのジオン軍がモチーフ。
デュアルカードはロックオンとコーラサワー関連のカードを収録。
ダメージカードが最も多く。またダメージと相性の良い速攻ユニットも多い。

戦闘配備:|||||||
速  攻:|||||||
強  襲:|||
高 機 動:|||
ゲ イ ン:||||||||||
補  強:||||
強  化:||
耐  性:|
対  抗:-
除  去:|||||
妨  害:-
ダメージ:|||||||||||||
ロ ー ル:|||
リロール:|||||
バウンス:||

回  復:-
チ ッ プ:|

(22+12+2=36)』
「Zガンダム」のティターンズと「Vガンダム」のザンスカール帝国から収録。
デュアルカードはティエリアとサーシェス関連を収録。
強力な除去カードと多様な妨害カードはネグザでも健在。

戦闘配備:||||
速  攻:-
強  襲:|||||
高 機 動:||
ゲ イ ン:|||||
補  強:|
強  化:|||||
耐  性:||
対  抗:|
除  去:||||||||||
妨  害:|||||||||||
ダメージ:-
ロ ー ル:|
リロール:||
バウンス:|
回  復:-
チ ッ プ:-

(22+12+3=37)』
「Zガンダム」のネオジオンと「ガンダムUC」の袖付きから収録。
デュアルカードはアレルヤとソーマ関連を収録。
ドローサーチに加え、カウンターとロールコマンドが多い。

戦闘配備:|||||
速  攻:||||
強  襲:||||
高 機 動:|||
ゲ イ ン:||||||
補  強:||||||
強  化:||||
耐  性:|
対  抗:||||||
除  去:-
妨  害:|
ダメージ:|||||
ロ ー ル:||||||
リロール:||
バウンス:|
回  復:-
チ ッ プ:|

(22+13+2=37)』
「∀ガンダム」と「Gガンダム」の序盤戦がモチーフ。
一騎当千のユニットが多くパンプアップ能力にも長けた勢力。

戦闘配備:|||||
速  攻:-
強  襲:||||
高 機 動:|
ゲ イ ン:|||||
補  強:||||||
強  化:|||||||||
耐  性:|
対  抗:-
除  去:||||
妨  害:|||
ダメージ:|||
ロ ー ル:-
リロール:||
バウンス:|
回  復:-
チ ッ プ:||

(28+13+1=42)』
「ガンダムW」と「ガンダムSEED」中盤までの登場機体を収録。
戦闘配備に速攻、高機動とユニット戦においては他の追随を許さない勢力。

戦闘配備:|||||||||||
速  攻:|||||||

強  襲:|||
高 機 動:|||||||||
ゲ イ ン:|||||||
補  強:|
強  化:|||||
耐  性:||||
対  抗:||
除  去:||||||||||||
妨  害:||
ダメージ:||||
ロ ー ル:|
リロール:||||
バウンス:-
回  復:-
チ ッ プ:|

(24+8+6=38)』
「ガンダムAGE」フリット編がモチーフ。
他6色でもコストを支払える第7の勢力。
ユニットの性能とゲイン、幅広い効果のコマンドが特徴。

戦闘配備:||||
速  攻:||
強  襲:||
高 機 動:|||
ゲ イ ン:||||
補  強:|||||||||
強  化:||||
耐  性:||
対  抗:-
除  去:|||||
妨  害:-
ダメージ:|||||
ロ ー ル:|||
リロール:|||
バウンス:|
回  復:|
チ ッ プ:-

以上、なんじゃこりゃ、Y256でした。
スポンサーサイト
2012-02-29(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

おつかれ

さっさといろんなデッキぶつけないとすぐに本番だから、対戦できる機会は大事にしたいとこだな
2012-02-29 22:15 | みしゅ | URL   [ 編集 ]

塩じてん
塩じてん 」 Team塩のスラングがまるわかり!
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。